カードキャッシングというようなものをすることになると、毎月指定日取りに銀行口座から自動の引き落としにて返済がなされていくでしょう。コマーシャルなどで現金自動支払機から弁済というものが出来るということに言及されていますが、それというのは自動の引き落しというものとは別で返済するケースのについて言っているのです。その支払を、前倒し返済などと言いまして、残高総額について弁済支払いを全額早期支払い一部分を支払する引き落しを一部金早期支払いと呼びます。説明しますと一時的収入などのもので金銭に予裕というものが居る際は、自動現金処理機や口座送金等により、一部もしくは全額に関してを弁済することが可能になっているのです。またこのようなことの他にも早期引き落しにはメリットというものが多くありまして難点というようなものは完全にないのです。これらの利点とは、別途でもって支払いすることにより、元金そのものを減額するということが可能なので弁済期間が少なくなるので、金利というのも軽減でき支払い全額自体を軽減可能なので、一石二鳥の弁済手法となるのです。もっとも忠告したい点は、どんなとき早期返済しようかということです。クレジットカード会社は弁済期限と別の締めがと言うのがあります。例えばですが15日が〆であったとして来月10日の返済だと仮定すると月中から以降については来月の金利というようなものを包含した返済額が確定してしまったりします。つまり、15日以後に前倒し返済した場合でも、次月分の返済金額というものは決定しておりますのでそういった期間に前倒し返済したような場合でも明くる月の返済分へはいささかも影響しないのです。それ故早期支払いがにわかに作用を表象するようにするためには、支払日時の次の日からその次の〆の到来までに前倒し支払いしてしまうことが要求されます。もっとも、こういった折の金利の差というものは極めて少額です。それ位は気にならないという場合は、時を構わず任意に前倒し支払してもいいです。ですが少額であっても節減したいと思う方は弁済期限から締め日までのタイミングで繰上返済した方がよいと思います。